2020年09月25日

Antique Watch Collection Autumn 2020              GUBELIN 1940's Diamond Bracelet

いつもシェルマン青山店のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

本日は現在開催中のアンティークウォッチフェアより、スイスの高級宝飾店ギュブランのダイヤブレスをご紹介いたします。
DSC_5940.JPG
前回スイスの時計美術館をご紹介いたしましたが、ギュブランはスイスが誇る高級時計宝飾店です。
ジュネーブ市内のカルティエや高級宝飾店が立ち並ぶエリアでもひときわ立派な佇まいで、スイスでは最高峰のメゾンと言えます。
アンティークウォッチではギュブランの時計は流通量が少なく、ROLEXよりも高値で取引されることもあります。
また、パテックフィリップとのダブルネームの時計もティファ―二と同等に多く見ることができ、力のある宝飾店であったことが窺えます。


DSC_5932.JPG
何よりも特筆すべきはダイヤモンドのクオリティの高さ。
輝きが違います。


DSC_5939.JPG
そしてデザインの美しさも秀逸です。
公式のインスタグラムでは質の高い宝石と美しいデザインのジュエリーを見ることができますよ!
そしてアンティークのコストパフォーマンスの高さに驚かれることと思います。


DSC_5934.JPG
ぜひ店頭でお試しください♥

青山店では現在、秋のアンティークウォッチフェアを開催しております!

2020 秋 Antique Watch Collection1.jpg

2020 秋 Antique Watch Collection2.jpg
DM掲載品以外にも新着の商品が多数入荷しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

商品のお問い合わせは青山店までお気軽にどうぞ!
シェルマン青山店
TEL 03-5466-3786

インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_aoyama/?igshid=z5d4gi2qg2sm
posted by shellman aoyama at 16:00| Comment(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

美術館巡りA

いつもシェルマン青山店のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

本日は商品紹介はお休みして、今までに訪れた素敵な美術館をご紹介しようと思います。
今回ご紹介する美術館は、現在開催中のアンティークウォッチフェアにちなみまして、
スイスの時計美術館です!


●Musée international d'horlogerie
詳しくは、↓↓↓
https://www.chaux-de-fonds.ch/musees/mih

DSC_2784.JPG
私はフランスのリヨンからスイスのジュネーブに入り、一泊後、電車でラショードフォンへ移動しました。
ジュネーブも自然豊かですが、さらに緑が多くのどかな雰囲気です。

DSC_2772.JPG
駅からは徒歩で行けます。

DSC_2743.JPG

DSC_2722.JPG

DSC_2665.JPG
とても広い空間に、所狭しとあらゆる種類の時計が展示されています。

DSC_2633.JPG

DSC_2736.JPG
そして、皆様もご存知かと思いますが、こちらの美術館にはなんと、、、

DSC_2735.JPG

DSC_2734.JPG
シェルマンのオリジナルウォッチが展示されています!
詳しくは↓↓↓
http://www.shellman-online.jp/user_data/packages/shellman/images/pdf/shellman-original-watch-dictionary.pdf


DSC_2586.JPG
そしてラショードフォンで一泊し、翌日電車でルロクルへ。

DSC_2587.JPG
途中、カルティエのスイス工場が見えたりします。

DSC_2515.JPG
本当に、のどかな場所です。

●Musée d'horlogerie du Locle
詳しくは↓↓↓
http://www.mhl-monts.ch/

DSC_2523.JPG
建物も素敵でした。

DSC_2525.JPG

DSC_2534.JPG

DSC_2542.JPG

DSC_2543.JPG

DSC_2485.JPG
中の様子の写真はありませんが、この時の展示はこちらでした。


いかがでしたでしょうか?
時計がお好きな方にはおすすめの美術館です。
時計の美術館・博物館に行くといつも思うのですが、展示品の大部分は置き時計や掛け時計で、腕時計が占める割合は半分以下です。
腕時計の歴史は100年ちょっととまだ浅いですが、人が時間を「携帯」し始めた時から、進化のスピードも速くなったように思います。
目まぐるしい日々を送る現代だからこそ、一日の始まりにはゼンマイを巻き上げ「カチカチカチ・・・」と動き出す音に耳を傾ける。
腕時計が心に余裕を持たせてくれるアイテムにもなるなんて、とても素敵ですね!



最後に、「シェルマンと言えば、パテック!」ですので、
中は撮影ができませんでしたが、ジュネーブのパテックフィリップ美術館をご紹介いたします。

DSC_2443.JPG
洗練されたシンプルな建物で、うっかり通り過ぎそうです。

DSC_2444.JPG

DSC_2446.JPG
ロッカールームに荷物を預け、ゆっくりと鑑賞することができます。


以上、盛りだくさんになってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました!
今回ご紹介した美術館の詳細はそれぞれの公式インスタグラムでも見られますよ!
シェルマン青山店のフォローもぜひお願いいたします♥
https://www.instagram.com/shellman_aoyama/?igshid=z5d4gi2qg2sm

posted by shellman aoyama at 19:33| Comment(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

Antique Watch Collection Autumn 2020              ROLEX  南京モデル

いつもシェルマン青山店のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

本日は現在開催中のアンティークウォッチフェアより、ROLEXの南京モデルを3本ご紹介いたします。

DSC_5911.JPG
まずは、上下の大粒のダイヤとベゼルに取り巻いたダイヤの輝きが目を惹く華やかなモデル。

DSC_5909.JPG
ビスで固定して革ベルトをお付けしていますが、元々は紐を通して着用する南京モデルですので紐で着用することも可能です。

DSC_5914.JPG
こちらはスッキリとしたオーバル型のケースにさりげなくダイヤモンドがあしらわれた南京モデル。

DSC_5912.JPG
華美になり過ぎず、実用度も高めです。


DSC_5919.JPG
最後はホワイトゴールドが贅沢に使われた重厚感ある18Kケースの南京モデル。
6時上に入っている’Orchid’の文字がピンクなんです♥


DSC_5917.JPG


DSC_5922.JPG
こちらは私物になりますが、黒い紐での着用イメージとしてご覧ください。
かれこれ15年以上の相棒になりますが、全然飽きることがなく、愛着は増すばかりです。




青山店では現在、秋のアンティークウォッチフェアを開催しております!
2020 秋 Antique Watch Collection1.jpg

2020 秋 Antique Watch Collection2.jpg
DM掲載品以外にも新着の商品が多数入荷しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

商品のお問い合わせは青山店までお気軽にどうぞ!
シェルマン青山店
TEL 03-5466-3786

posted by shellman aoyama at 16:37| Comment(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする